社長&スタッフブログ

2018.06.21

SL人吉の旅 その3

   駅前と言っても、特になにかがあるわけでもなし。

昼食をゆっくりとしたつもりですが、時間を持て余します。 で、駅の待合室で時間を潰そうとしたのですが、私と同じ状況の人達でいっぱいです。 仕方なく、駅前のベンチでへたっていました。 駅周辺にいる人たちは、間違いなく、上りの“SL人吉” に乗る人たちです。

駅員に訊いてみると、上りは満席とのことです。 乗客の人間ウォッチングをしてみると、遠方からの旅行者と思しき人、県内くらいからの家族連れ、グループ、そして台湾人らしき人達 などなど。。。まあ、荷物の大きさと、言葉からの判断ですからええ加減なもんですけど。

さて、上りの入線時刻が近づきましたのでホームへ。 帰りは熊本まで2時間36分の汽車旅になります。 少し雲が厚くなってきましたね。

帰路は左側の指定席を取りましたから、人吉からは球磨川下りの船を眺めることが出来ます。途中、何か所かある、急流の風景も河原はこちらの方が広いですが、かつての山陰本線保津峡あたりを思い出させます。 

先日の大雨で、球磨川の流れも濁っているかも知れませんが、この時には山の木々の新緑を受けて綺麗なエメラルドグリーンの清流でした。 

列車は熊本に向かって走ります。 根っから好きなもんですから、時間の経つのは早いですね。

いつものことながら、地方の鉄道から、新幹線に乗り換えた途端に現実に引き戻されるような気がします。 特に今回は蒸機の旅から、いきなり新幹線ですからなおのこと。 熊本~岡山乗り換えで姫路までは3時間かかりません。

SL人吉の行程は、熊本~人吉87,5Kmを、下り人吉行きが2時間24分で、表定速度36,5Km/h、上り熊本行きが2時間36分で、表定速度33,7Km/h です。 10分程度の停車が3,4回ありますが、それを考えても表定速度は40Km/hですから、蒸機現役時代のペースで走っているのですね。 SL人吉は、新幹線の6倍以上の価値があるということで。。。

トラックバック

トラックバックURL:

ページの先頭へ